寂しがり屋の人妻ならセフレに最適

セフレというと、もともとは付き合っていた相手とセックスだけはするというような流れでセフレになることが多いのですが、
はじめからセックスだけの割りきった関係としてお付き合いする場合、どうやってどこで相手を探して出会うのかご紹介したいと思います。

年齢をこだわらなければ人妻がセフレにしやすい

家庭で専業主婦として生活している人は年々減少しています。
働かなければ生活さえままならない人も確実に増えています。
専業主婦として満足できていればいいのでしょうが、恵まれ過ぎると別の欲求が頭をもたげます。
専業主婦が「飾り物」としての自分を認識してから、性への不満が高じて、出会い系サイトに向かったという話も聞かれます。
また、キャリアウーマンとして男勝りの仕事をこなし、現在の地位を獲得したはいいが、ある日心の隙間風を感じて周りを見たら、女としての「かわいさ」から遠く離れた自分を発見、女を取り戻す旅に出発することに……。
また、恋人同士であっても、各自の性癖を容認したセックスをしているかというと、そうでもないことが多いようです。

やはり恋人同士は、これから結婚を経由して、夫婦生活に入っていくわけですから、長く顔を突き合わせる関係上、それぞれの性癖を前面に出して、セックスを楽しむことは考えにくいのです。
やはり相当の遠慮があるわけです。
遠慮をし続けると、フラストレーションに襲われます。
そこで恋人同士、これから結婚する二人であっても、性癖を前面に出せるセフレ関係に思いを馳せるのです。

「恋人がいて、これから結婚するというのにセフレとは」と、目くじらを立てることはありません。
セフレ関係には愛は存在しません。
セックスの相性が存在するだけなので、たとえ恋人がいても配偶者がいても、二股愛などとはなりません。
これは理屈などではなく事実なのです。
セフレ関係を全うするには愛情は必要ありません。
それよりも快楽を優先させなければなりません。
なので、セフレ専門出会い系サイトにおいても、パートナーを選ぶのに顔の好みを優先させてしまっては、失敗する可能性が高くなります。
セフレ関係においては、セックスの相性が何よりも優先しますから、顔の好みに囚われることはありません。

セフレ関係では、意外な場所でのセックスもありだと考えられます。
例えば、野外でのセックス。
とても夫婦では考えられませんが、セフレでは許されます。
そういう一見、突拍子もないこともセフレの一面なのですから。
「誰かに見られるかもしれない」ドキドキ感もセフレでは味わうことができます。
セフレとのセックスは、いつものセックスとは違うことを探求しなければなりません。
相手が喜ぶ体の部位を刺激しあうことも、セフレならではの醍醐味です。

恋人・配偶者ではないセフレとのセックス、誠心誠意セックスだけに没頭しましょう。
それがセフレ関係のマナーと考えます。
セフレを作りたいという思いで、出会い系サイトとかSNSで「まずはメル友から」などと構えていると、大願成就は無理かもしれません。
見た目で気に入ったのなら見た目で決めてもいいでしょう。
セフレ関係は恋人同士のように別れる時の理由は要りません。
気軽に近づき、気軽に別れることができますから、フランクな気持ちでいないとセフレはやっていけません。
気に入った相手は距離的に近いことが重要です。
会いたい時に会ってセックスをして別れる、こういう関係ですから移動に時間をかけないほうが長続きします。

セフレ関係の相手探しは紳士的に行いましょう。
エッチトーク満開のような会話は自分を惨めにするだけです。
「このサイトに来ている女はみんなエッチだ」などと、根拠のない早とちりは止めましょう。

無料セフレサイトが今人気です。
無料といっても登録が必要ですが、このサイトに集まる男女は、初めからセフレを希望しているわけですから、目的は同じです。
このようなサイトは数多く増えています。
上手に利用することで、憧れのセフレに辿りつくことができます。

童貞好きの女性もセフレサイトに集まっています。
セックス巧者に身も心もとろけさせて欲しいはずなのですが、「求む・童貞」女子もいるのです。
童貞を装って近づきたい男子も多いようで、「当方童貞中・求むセックス指南」などと書き込んでも、童貞好き女子にはお見通しのようで、なかなか思うようにいかないようです。
それよりも「いろいろ教えてください」などと書き込んでいたほうが、効果は見込めるようです。

「セフレ関係を構築しないで関係を保つ」という、何とも東洋の禅問答のような言葉に出会いました。
平たく言うと「深入りしないで関係を保つ」という意味らしいのです。
相手の住所・氏名・職場などを一切聞かずに関係を構築すると別れの時、後腐れがなく別れられるというのです。
唯一知っているのが携帯の番号、というのもドライでセフレを理解している証かもしれません。

セフレ関係というのは厳密に捉えると、セックスにおいて「女性は金銭を求めない」ことがその条件なのですが、中には金銭で解決してしまうこともあるようです。
セックスが終わって、女性から「ただかよ」などと言われたら、男子はとたんに元気がなくなります。
こんな場合は「セフレとはねえ」などと原則論をいくら言ってみても埒が明きません。
ケースバイケースと割り切ってお金を渡しましょう。
「売春行為成立」と警察に言われても、「間違いありません」と言うしかないのですが。

セフレ関係というのは、どちらかと言うと男性に利益があるシステムです。
「ただでやらせるのはイヤ」と女性が一言言ってしまえば、全てが終わりなのです。
売春は世界で一番早くできた商売だそうで、身を売ることで金を得るしかなかった女性の立場を表しています。
太古の昔から女性たちに浸み込んだ「ただではやらせない」精神が今も脈々と息づいているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ